しみを消して肌を白くたい

【しみを消したい!】シミが出来る原因と5つの対処法

 

「やだ、顔にシミができてる・・・」と、いつの間にか肌にシミが浮き出てきて、ショックを受ける方もいるでしょう。

 

ここでは、シミができる原因とシミを薄くしていくための対処法などをご紹介していきます。

 

 

シミが出来る原因は?

 

まず始めに、シミができる原因をご紹介します。

 

紫外線

 

長い間、紫外線を浴び続けると、シミが発生しやすくなります。

 

紫外線が肌に当たると、肌に紫外線ダメージが蓄積しますから、角質細胞の再生力や修復力が落ちます。再生力が落ちると、シミの元になる黒いメラニン色素を体外へ出す力が弱くなりますので、シミができやすくなります。

 

ストレス

 

シミは過剰なストレスや強いストレスを受けることでも、発生しやすくなります。

 

ストレスは体を酸化させて錆びつかせる、体に悪い影響を与える「活性酸素」を増加させます。活性酸素は、黒いメラニン色素を作る母体になる「メラノサイト」を刺激して活性化させますので、シミを作りやすくします。

 

オススメの5つのシミ対処法

 

ここからは、誰でもカンタンに実践できる“シミ対処法”をご紹介していきましょう。

 

日焼け止めを塗る

 

朝起きたら、毎日、日焼け止めを塗りましょう。

 

紫外線は10〜15分くらい外で洗濯物を干すだけでも、十分肌に影響を与えます。「ちょっと外に出るだけだから」と、日焼け止めを塗らないでいると、紫外線の悪い影響が蓄積していきます。また、紫外線は寒い冬の季節にもしっかりと降りそそいでいますから、1年間を通して日焼け止めを塗り込みましょう。

 

 

美白化粧品の使用

 

美白化粧品を使うと、シミが出来にくい肌に近づけることができます。

 

肌を白くしてくれる美白成分には、「L−システイン」「アルブチン」「コウジ酸」「エラグ酸」などがあります。基礎化粧品にこのような美白成分が入ったものを使用すると、シミを作り出すメラのサイトに効果的に作用して、シミ発生を抑制することができます。

 

また、1週間に1回程度「ピーリンング」を行って肌の新陳代謝を促進し、シミ排出を促していくのもオススメです。ピーリング剤はドラッグストアで多数販売されていますから、手に入りやすいです。

 

 

睡眠不足にならないようにする

 

毎日質の良い睡眠が取れていると、シミ発生を抑えることができます。

 

シミの元になる黒いメラニンは、肌のターンオーバーとして繰り返される「古い角質層と新しい角質層」の入れ替わり時に排出されます。睡眠不足は肌のターンオーバーが乱れさせ、メラニン色素がスムーズに排出されるのを妨げてしまい、シミを作りやすくします。

 

また、角質細胞は寝ている間に成長ホルモンの分泌を受けて、正常に再生や修復を行っています。睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が低下して、細胞の再生や修復が滞ってしまい、シミが発生しやすくなります。

 

 

医療レーザーを使う

 

シミは美容皮膚科や美容外科で、レーザー治療することができます。

 

医療レーザーは今出来ているシミに直接医療レーザーを照射して、シミを薄くしていきますので即効性があります。

 

元々健康保険が適用されない「自由診療」ということもあり、以前は治療費が高額なイメージがありましたが、近年はかなり安くなってきて通いやすくなっています。

 

 

サプリメントの摂取

 

ビタミン類やミネラル類を多く含むサプリメントを摂取すると、美白効果を高めることができます。

 

シミ予防にはビタミンC、メラニン排出にはビタミンA、メラニン発生の抑制にはビタミンEの摂取が効果的だといわれています。

 

毎日の食事で全ての種類のビタミンやミネラルを摂取するのは、とても難しいでしょう。サプリメントは携帯にも便利ですし、どこでも手軽に飲めるのでオススメです。

 

 

まとめ

 

シミができる主な原因は、紫外線です。一年中日焼け止めを使用して、肌を白くしてくれる美白成分を含んだ「美白化粧品」で、お手入れしていくとシミが改善されやすくなります。

 

また睡眠不足を防ぎ、栄養バランスのとれた食事を心がけつつ、サプリメントの摂取も行うと、より効果的です。