肌を白くする美白方法

【肌を白くしたい!】肌を白くするための5つの効果的な美白方法

 

肌を白くする方法を知りたい!という方もいるでしょう。美しくキメの整った白い肌は、誰もが憧れる存在です。

 

ここでは自宅でも簡単に実践できる、肌を白くするための美白方法を5つご紹介していきます。

 

肌を白くする方法 《スキンケア編》

 

まずは、毎日のお手入れ習慣から実践できる美白方法をご紹介します。

 

美白化粧品を使う

 

肌を白くするために最も効果的な方法は、毎日のお手入れで「美白化粧品」を使うことです。

 

肌を白くする成分には以下のようなものがあります。

 

  • アルブチン
  • カモミラET
  • カンゾウフラボノイド
  • ハイドロキノン

 

  • コウジ酸
  • フェルラ酸
  • トラネキサム酸
  • エラグ酸
  • アスコルビン酸
  • パルチミン酸
  • ニコチン酸アミド

 

  • プラセンタエキス
  • クチナシエキス
  • シャクヤクエキスなど

 

美白効果はすぐには出ませんが、1〜3ヶ月ほど経過して肌のターンオーバーが正常化してくると、徐々に美白効果も現れてくることが多いです。

 

 

紫外線を防止する

 

美白成分入りのスキンケア商品を使いながら、同時に紫外線帽子も行っていくと、より効果的に美白することができます。

 

外出時には必ず日焼け止めクリームを使います。そして、以下の日焼け防止グッズも一緒に使いましょう。

 

  • ツバの長い帽子を着用
  • 日傘を使う
  • サングラスをかける
  • UVカット素材入りの洋服を着る

 

紫外線は窓際にも、たっぷり降りそそいでいます。室内にいる時も、お化粧やメイクをする、日焼け止めクリームを塗るなどの日焼け対策を欠かさず行いましょう。

 

 

古い角質を除去していく

 

古い角質が肌の上に残らないように、角質除去できるパックを週に1回程度の頻度で行うと美白効果が高まります。

 

古い角質と新しい角質が入れ替わっていくことを肌のターンオーバーといい、古い角質と新しい角質がスムーズに入れ替わらないことを「肌のターンオーバーが乱れる」と言います。

 

古い角質が肌の上にいつまでも残っていると、肌がくすんで暗く見えます。週1回ほど角質除去パックを行って、肌のくすみを取り除いて美白していきましょう。>

 

角質除去パックはドラッグストアなどでピーリンングや酵素配合のものなど、多数販売されていますので、気軽に購入することができます。また自宅で簡単に作れるパック素材として、「ヨーグルトはちみつパック」もあります。

 

ヨーグルトとはちみつを混ぜたものを10分くらい顔に乗せ、その後ぬるま湯で洗い流します。はちみつには保湿作用もあるので、乾燥予防にもなります。

 

肌を白くする方法 《日常生活編》

 

ここからは、日常生活の中でできる美白方法をご紹介していきましょう。

 

美白効果のある食材を食べる

 

野菜、フルーツなどの肌を白くしてくれる作用を持つ成分の入った食べ物を食べましょう。以下は美白効果のあるとされる成分を持つ野菜やフルーツです。

 

  • ビタミンC
  • リコピン
  • L−システイン(メチオニン)
  • ビタミンE
  • β−カロチン

 

上記の成分を含む食材は、特に美白効果が優れているといわれています。ですから、これらの成分がふんだんに含まれる野菜やフルーツなどをしっかり食べるようにしましょう。

 

  • 野菜&フルーツ全般
  • 鶏、豚、牛肉
  • マグロ
  • チーズ&牛乳
  • 大豆製品
  • ナッツ類

 

日々の食事の中で、これらの食材をまんべんなく食べるようにすると、美白効果を得られやすくなります。

 

 

十分な睡眠

 

毎日、十分な睡眠時間を取ることで、美白効果を高めていくことができます。

 

細胞の分裂や修復は、夜間の寝ている間に推し進められます。睡眠不足は新しい細胞の再生を邪魔しますので、肌のターンオーバーサイクルを乱し、シミを発生させやすくします。

 

良質な睡眠を毎日、7〜8時間ほど確保するようにしましょう。

 

まとめ

 

肌を白くするためには、“紫外線対策を行いながら、美白化粧品を使ってお手入れしていく方法“が最も効果的な方法です。

 

また肌のターンオーバーを乱れさせないために、週1回ほどのパックでスペシャルケアを行う、美白効果のある食事を摂る、十分な睡眠をとるなどすると、もっと美白効果が上がるでしょう。